夏も油断大敵!「マスクネ」に負けないお手入れの仕方を徹底解説

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マスクが必需品となり、マスクによる肌荒れが増えています。マスクをつけることでできるニキビ「マスクネ」もその1つ。マスクネができる原因とお手入れの仕方を紹介します。

マスクネの由来と原因

マスクネは、マスクとニキビの原因菌となる、アクネ菌をあわせた造語で、マスク生活によってできるニキビや肌荒れのこと。

ニキビができる原因は、遺伝的なものやホルモンの変化、ライフスタイル、外的刺激などがあります。マスクネの最も大きな要因は、マスクの内に息がこもり、温度も湿度も高く、雑菌が繁殖しやすい状況になっていること。さらに、マスクの着脱によって肌と繊維がこすれ、肌のバリア機能も低下。汗や皮脂も増えるので、ニキビやふきでものができやすいと考えられます。

普段、ニキビなどの悩みがなかった人もマスクネに悩まされているのは、湿度の高さにくわえて、マスクの中に肌トラブルになるリスクが高まっているからです。

マスクネを防ぐ3つの方法

マスクネを防ぐポイントは、「摩擦対策」「マスクの素材」「マスク内のお手入れ」の3つです。それぞれ詳しく説明します。

1, マスクがあたる部分にはクリームを塗る

マスクがあたる、頬や鼻、あご、耳の後ろなどは摩擦による肌への負担が大きい部位です。ワセリンや保湿力のあるクリームを塗ってこまめにお手入れをしておくと、外的刺激から肌を守れます。

摩擦対策におすすめの保湿アイテム

IHADA 薬用クリアバーム(医薬部外品)

ワセリン配合のバーム。うるおいの保護膜を形成し、肌を保護。ニキビや肌荒れを防ぐ成分や美白成分も含まれています。

2, 肌に合うマスクを選ぶ

不織布タイプの使い捨てマスクは、肌荒れしやすいイメージがありますが、使い捨てなので衛生的でマスク内を清潔に保つメリットがあります。化学素材を使わず、オーガニック素材やコットンで作られたタイプもあります。
洗えるタイプは、コットンやシルクなどやわらかなつけ心地で穏やかな肌触りです。いずれにしても、肌に合うマスクを選んで着用しましょう。

3, マスク内を清潔に保つ

マスク内に雑菌を繁殖させないようにするためにも、マスク内の肌は、汗や皮脂汚れをこまめに拭き取って清潔に。拭き取った後は、保湿をしてうるおいを与え、日焼け止めも塗りましょう。

マスク内の汗を拭き取るスキンケアシート【医薬部外品】

キュレル 薬用スキンケアシート
汗、皮脂の汚れ、ベタつきをすっきり拭き取ってさらさらに保つシート。顔、体、全身のお手入れに使えます。外部刺激から肌を守り、肌荒れしにくい肌に整える有効成分入りの医薬部外品のシートです。