夏も肌は乾燥する?紫外線による乾燥を防ぐ夏肌のお手入れ法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皮脂や汗によって肌がベタついている梅雨シーズン。保湿ケアはしなくても良いのではないかと思う人もいるかもしれません。うるおっているように感じても、紫外線によってダメージを受け、肌が乾燥していることも。6月のお肌のお手入れとおすすめコスメを紹介します。

紫外線で肌が乾燥するって本当?

紫外線を浴びると、肌はダメージを受けるとシミやそばかすが増えることは周知の事実。ですが、乾燥にも注意が必要です。

肌はダメージを受けると、ターンオーバーが早まります。問題なのは、ターンオーバーが早まることにより、未熟な角層細胞ができてしまうこと。また、本来、ターンオーバーで作られるはずだった、肌のうるおい成分(NMFや細胞間皮質)の量も少なくなり、角質層のバリア機能も低下。水分が蒸発してしまうので、乾燥をまねきます。

紫外線による乾燥を防ぐお手入れのコツ

まずは、紫外線を防ぐ効果のある日焼け止めを活用して、紫外線から肌を守るお手入れをしましょう。うっかり日に焼けてしまったときは、抗炎症成分が含まれているスキンケアアイテムで炎症を抑えるお手入れをするのもおすすめです。

紫外線から肌を守る日焼け止め

数量限定:スック センティッド イルミネイティング ボディUV

SPF25・PA+++ 100g 4,500円
肌をきれいにみせてくれる高輝度パール配合のトーンアップUV。みずみずしく軽いつけ心地で、涼やかに整えながら紫外線をしっかり防ぎます。また、華やかな純白花の香りも楽しめます。手足はもちろんデコルテの紫外線対策に。

参考:https://www.fashion-press.net/news/70583

資生堂 SHISEIDO サンケア クリアスティック UVプロテクター

汗や水、熱によって防御膜が強くなる独自のテクノロジーを搭載している日焼け止めスティック。手を使わず簡単に日焼け止め対策ができ、透明なのでメイクの上の塗り直しにも使えます。また、外袋には、生分解性フィルムを採用。環境にも配慮された日焼け止めです。

日差しを浴びた日におすすめのスキンケア

たとえ小さな炎症でも放置は禁物です。グリチルリチン酸ジカリウムなど抗炎症成分が配合されている化粧品で穏やかに肌を鎮めるお手入れを。

フォローする

この記事で使われたタグ