【ウイルスに負けない】手の洗い方&マツキヨ・ハンドクリームの選び方を解説

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

手洗いやアルコール消毒などでかさつきがちな手肌。「手荒れ」と一口にいっても状態は様々です。指先の乾燥、ごわつき、あかみやかさつきなど。
ハンドクリームは、肌の状態に合わせて選ぶのがおすすめ。今回は、正しい手洗いの仕方とマツキヨで発売中の商品のなかから、肌の状態に合わせたハンドクリームを紹介します。

正しい手洗いの仕方

正しい手洗いはウイルスや花粉撃退の第一歩。手順を紹介します。

1,石鹸で手のひらを洗う。
2,手の甲、爪の間、指の間を洗う。
3,親指と手首まで洗う。

ポイント:手のひらのシワに汚れが溜まりやすいので、念入りに洗いましょう。
参考:https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/dl/poster25b.pdf

ハンドクリームの選び方

尿素系:ごわつき、角化に

かかとのように硬くなってごわごわしている手肌には尿素系のハンドクリームがおすすめです。全体に使用するというよりは、角化している部分に使うイメージです。
尿素系のハンドクリームは、角質をやわらげるため、ごわつきの気になる、かかとやひじ、ひざのお手入れにも適しています。
ごわつきが気にならなくなったら、保湿系のハンドクリームに変更しましょう。

尿素系のハンドクリーム:花王 アトリックス 尿素10%クリームチューブ

450円【税抜】
肌をなめらかに整える尿素を10%配合したクリーム。やわらかくふっくらとした肌へ導きます。
尿素の他、有効成分としてビタミンE「トコフェロール酢酸エステル」も配合している医薬部外品。
その他の成分として肌にうるおいを与える「ヒアルロン酸」「スクワラン」などが配合されています。

尿素配合で肌がしっとりするし、ガサガサのかかとなんかにも使えて便利です。

コスメルポ より引用

ビタミン系:ひび割れの予防に

ひび割れを防ぐビタミンE誘導体「酢酸DL-アルファ-トコフェロール」が配合されている医薬部外品のハンドクリームです。
手荒れのなかでも多いヒビ割れに着目して作られており、高保湿にこだわって作られています。

ビタミン系のハンドクリーム:池田模範堂 ヒビケア プリベント 60g

1,480円【税込】
ヒビ割れのメカニズムに着目し作られた医薬部外品のハンドクリームです。
繰り返す肌ダメージを防ぎ、ひび割れを予防。肌をうるおいのベールで守りながら、乾燥を防ぎます。

べたつき感もなくて、使いやすいハンドクリームで気に入りました!意外とさらっとしているのもお気に入りポイントです!毎年指先がぱっくり割れになってしまって悩んでいる自分のきょうだいにも教えてあげたいなと思いました。

コスメルポ より引用

ヘパリン系:ヒビやかさつき対策に

かさかさしていて、ヒビが入っているようなら、ヘパリン系類似物質が入っているクリームを使ってみましょう。気にならなくなったら、保湿系のハンドクリームに変更しましょう。

ヘパリン系のクリーム:武田CH テレスHiクリームH 20g

ヘパリン類似物質配合の第二類医薬品です。手のヒビやあかぎれ、ひじ、ひざ、かかとのヒビにも適しています。
ヒビ、あかぎれ向けですが、出血している傷口には使えません。

保湿系:うるおいを与えるお手入れに

手肌にうるおいを与えるハンドクリームです。保湿成分としてグリセリンやミネラルオイル、ワセリンなどが配合されています。
医薬品や医薬部外品とは異なり、ごわつき、ヒビ、あかぎれなどの症状には適しておらず、手荒れのない状態で、肌にうるおいを与えるために使います。

保湿系ハンドクリーム:アルジェラン モイストハンドクリーム フローラル 50g

900円【税抜】
オーガニック生シアバター、アロエベラ配合のハンドクリーム。瑞々しいうるおいのある手肌に整えます。
また、イランイランやゼラニウムなどアロマのナチュラルな香りつき。アロマの香りが心を落ち着かせます。

まとめ

手を洗ったら、ハンドクリームでお手入れを。手荒れが気になる人は、悩みに合わせて選んでみてくださいね。